ここをクリック
明治35年9月3日…
アンヘル
明治35年9月3日、山形県のとある村で男の子が生まれた。助産婦とその母親はその子供を見ると直ぐに右目を包帯で隠した。その男は40歳で死ぬまで包帯を巻き続けた。結局、右目がどうだったのかを知る者は一人もいなかった。助産婦と母親は一体何を見たというのだろう……

コメント
2006/11/14 15:35
死んだの結構最近じゃん
2006/11/09 16:14
私の名はロア。真実に打ち勝つ日まで…
2006/11/09 15:46
01:59ってトリック?
豚足 2006/11/09 12:51
邪眼か?
2006/11/09 08:10
40年間同じ包帯?
もっと読む

Top