[an error occurred while processing this directive]
信じようと、信じまいと…
信じようと、信じまいと―18世紀、現在のオーストリアにあたる地方でカミーユという女が子供を孕んだが、相手の男が失踪。女は男が戻るまでけして産まないと決心したという。その後の数十年、男が戻ることはなく、また彼女は何も産むことなく腹は際限なく膨らんでいった。結局、男は現れず、そのままカミーユは死んでしまった。そして、彼女の腹からは老人の死体が出てきたという。
[an error occurred while processing this directive]
Top