[an error occurred while processing this directive]
リカちゃん電話
ある小さな女の子が、家で一人で留守番をしていた。
退屈をもてあましていた彼女は「リカちゃん電話」の存在を思いだし、
暇つぶしに電話をかけてみることにした。
リカちゃん電話のことは知っていたが、
実際に電話をかけるのはこれが初めて。
彼女はわくわくしながらリカちゃん人形の箱を引っ張り出し、
そこに書かれた番号へと電話をかけた。
「もしもし、わたしリカちゃん。お電話ありがとう。
今、おうちにいるの。これからお出かけするところなのよ」
これで話は終わり。
彼女は「これだけなのかな、つまらないな。
もう少し話が聞きたいのに」と思い、
もう一度同じ番号に電話をかけた。
「もしもし、わたしリカちゃん。
お電話ありがとう。今ね、お出かけ中なの」
話が変わるんだ!

少女は面白がって、
もう一度だけリカちゃんに電話をかけてみることにした。
すると・・・
「もしもし、わたしリカちゃん。
お電話ありがとう。今ね、あなたの家の前よ」
少女ははっと驚き、急いで電話を切った。
今の電話は何だったんだろう、聞き間違いかな?
それともまさか・・・
彼女は青ざめた顔でのろのろと立ち上がると、
恐る恐る玄関へと向かい、
扉をほんの少しだけ開けて表の様子を窺がった。
・・・大丈夫。そこには「何も」いない。
ほっとした彼女はきっと自分の聞き間違いだったのだろうと思い、
部屋の中へ帰っていった。
ところが彼女が部屋に入ると、
まるでそれをを待ち構えていたかのようなタイミングで
突然電話のベルがけたたましく鳴り出したのだ。
彼女は一瞬凍りついたが、すぐに自分の中の恐怖を追い払う。
「何を私はびくついてるの。怖がることはないわ、きっとママからよ」
そう自分に言い聞かせた彼女は、ゆっくりと受話器を握った。
しかし、電話口から聞こえてきたのは大好きなママの声ではなく、
今ではすっかりおなじみとなってしまったあの人形の声・・・

「もしもし、わたしリカちゃん。今、あなたの後ろよ・・・」 [an error occurred while processing this directive]
Top