ここをクリック笑えるネタ-弁護士と肉屋-

弁護士と肉屋


デジ歌詞JOYSOUND
10万曲の歌詞が見放題の携帯歌詞表示サービス「デジ歌詞」

一匹の犬が肉屋に走りこんできて、カウンターからロースト・ビーフをひったくっていった。幸い、肉屋の主人はそれが近所で飼われている犬だと気付いた。そのご近所さんは弁護士だった。

ひどく腹を立てた肉屋の主人は、犬の飼い主である弁護士に電話をかけた。

「よう、もし、おまえさんとこの犬が、うちの店からロースト・ビーフを盗んだとしたら、おまえさんはその肉の代金を払う責任があるだろ?」

その弁護士は応じて、 「もちろんですとも。そのロースト・ビーフはおいくらですか?」

「7ドル98セントだ」

数日後、肉屋の主人は封筒の中に入った7ドル98セント分の小切手を受け取った。

そして、その封筒には請求書も添えられていた:

法律相談料:150ドル
ここをクリック

■このネタ笑った
笑えるネタTopへ